DSC_0392.JPG

INSTALL

独自のマウント方法

Carlosに採用されている直径1.6mmの同軸構造のピックアップは円柱型のため

一般的な平らなブリッジインピエゾの素子とは異なり独自のマウント方法でギターへの

取り付けが行われます。


粉末圧電素子と合成ゴムからできているCarlosの素子は非常に柔軟でブリッジ内の

溝にしっかりと密着するよう設計されています。

図のようにギターのサドル溝の中心にに素子よりも細い直径1.5mmのU字の溝を掘り、

その溝へ円柱型の素子をマウントします。

これによりさらなる密着度を高め、弦からの振動だけではなく、楽器全体の

振動の​伝達を可能にし、楽器本来のサウンドを再現することができます。

ハイランダー取り付け溝 イラスト.png

U字の溝形成にはバードランドではより正確な直線の溝を掘るために​ドレメルではなくルーターを使用して溝を掘ります。

専用の治具を使用して縦と横の位置をしっかりと合わせて均一に溝が掘れるようにして作業を行います。

また上の図にもある素子を通すサドル溝両脇の穴はU字の溝形成前に開けています。

先に開けることにより形成したU字の溝がささくれてしまうことを防いでいます。

この他にも様々な要点に気を付け熟練のリペアマンによってバードランドでは代理店ならではの精度の高い取り付けを行っています。

​取り付け料金

定価:¥16500(税込)〜

​JAN:4582187070701

納期:1週間から10日程

 

​※楽器の状態はもちろんですが、PU取り付けの結果をよりより物にするためサドル製作やサドル溝の切り直しなどを提案させていただいております。

​ 下記金額はCarlosの取り付けと同時に追加でその他の作業を行った場合の金額です。

水牛骨サドル製作 定価:¥8800(税込)

水牛骨ロングサドルまたはオクターブ付きサドル製作 定価:¥14300(税込)

サドル溝の切り直し 定価:¥3300(税込)