Tearsはボディの鳴りと弾き手の感性に答えるギター製作を心がけています。 
特にボディサイズの小さなギターでは十分な箱鳴りを得る事が難しい。しかし、Tears TLG-2では小さいボディを生かしたブレーシング構造、ナットからブリッジまでのセットアップを高いレベルで行うことで、見た目以上の鳴りを可能にしました。ただボディが鳴っていれば良いというものでもなく、ギターから放たれるサウンドへの拘りにも妥協はありません。

ナット材、サドル材、ブリッジピンにはTears恒例の水牛骨の素材を使用。PUにもHighlanderを搭載。 
ネックシェイプは人気のTears TJ-45のノウハウを生かした太めのネックシェイプとなっており、非常に楽なスタイルでスムーズな演奏を実現しています。

塗装にはご好評いただいている、極薄のラッカー塗装を採用しています。この塗装の薄さにも拘りがあり、塗装がぶ厚ければボディの鳴りは失われ、ただ薄いだけではサウンドにコシが生まれない…。TLG-2ではその間を取ったバランスの良い塗装の厚みに設定しているため、ボディの鳴りとバランスの良い高音から低音を実現しました。

Tears TLG-2 50s

​・予想販売価格:220000円税別

・トップ材:シトカ・スプルース

・サイド材:マホガニー

・バック材:マホガニー

・ネック材:マホガニー

・指板:ローズウッド

・ブリッジ:ローズッド 

・ボディバインディング:CABアイボリー

・ナット材:水牛骨 (Birdland製)

・サドル材:水牛骨 (Birdland製)

・ブリッジピン:水牛角 (Birdland製)

・PU:Highlander-IP2

・ペグ:Birdland original 3連ペグブラス

・スケール:628mm

・ナット幅:42mm

・12F幅:53mm

・ボディ厚:114mm

Tears TLG-2 50sはスキャロップブレーシングを採用したモデルです。

ペグはバードランドオリジナルのGOTOH製3連ペグを搭載。

こちらのペグは75年までのギブソンに使用されていたポストと内部のギアがブラス製の物を再現した物になります。

また今回のモデルからヘッドロゴはスクリプトロゴをイメージしたオールド感のあるロゴを採用しています。

 

 

​カラー:BK、3TS、FCS

Tears TLG-2 MH

・予想販売定価:220000円税別

・トップ材:マホガニー

・サイド材:マホガニー

・バック材:マホガニー

・ネック材:マホガニー

・指板:ローズッド

・ブリッジ:ローズウッド 

・ボディバインディング:CABアイボリー

・ナット材:水牛骨 (Birdkand製)

・サドル材:水牛骨 (Birdland製)

・ブリッジピン:水牛角 (Birdland製)

・PU:OBP-Excellent

・ペグ:GOTHO製

・スケール:628mm

・ナット幅:42mm

・12F幅:53mm

・ボディ厚:114mm

​・カラー:Natural

もっと見る

SOUND CHECK

-​バードランドショールームにて 石井完治氏 デモ演奏-

​Tears TLG-2を生音で弾いたデモ演奏です。

​サイズの大きいTJ-45シリーズに比べ、ボディサイズが小さい分シャープな印象のサウンドが特徴的です。極薄のラッカー塗装により、サイズ感を超えた鳴りを生みます。

-​バードランドショールームにて 石井完治氏 デモ演奏 ピックアップサウンド-

 

Tears TLG-2に搭載されているハイランダーPUを使用したデモ演奏です。

​このサイズ感のギターのコンセプトとしては「ライブ使う」と言うより小さいステージやスタジオなど、「手軽にギターを鳴らす」ことをイメージしますが、ハイランダーPUの搭載によりそのイメージは払拭されます。小さいボディでシャープなサウンドをリアルにハイランダーが出力することによって限られたステージだけでなく、様々なステージでの活躍が期待できます。

-​バードランドショールームにて 石井完治氏 デモ演奏-

​Tears TLG-2 MHを生音で弾いたデモ演奏です。

通常モデルとは違いこちらはオールマホガニー材を使用したモデルです。​

​トップ材にスプルースを使用したモデルに比べ音の「キレ」という部分に関してはややマイルドになったサウンドが特徴的です。煌びやかさよりも枯れた感じのカントリーなサウンドをお楽しみください。

-​バードランドショールームにて 石井完治氏 デモ演奏 ピックアップサウンド-

 

Tears TLG-2 MHではピックアップにBirdland製のOBP-Excellentを搭載。

​中低位機の太いサウンドを目指してハイランダーPUを搭載してしまうと、マホガニートップを採用した意味がなくなってしまうため、枯れたサウンドイメージをリアルに演出してくれるOBP-Excellentの採用に至りました。

​このギターの活用ステージはあまり大きな場所ではなく、小さな場所に限定される傾向にあります。ステージとギターのマッチングが決まった時、高いポテンシャルを発揮します。

© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com