ビンテージスタイルの追究がTears TJ-45シリーズの魅力となっている。あの時代のギターやサウンドを鮮明に思い出させてくれる。このギターを手にした人であれば、そのコンセプトを実感できるに違いない。ブレーシングレイアウトの基本構造は同じとするものの「50年代仕様」と「60年代仕様」の2種類を用意している。50年代仕様にはいわゆるスキャロップ加工を加えたことで、軽やかで広がりのあるサウンドを可能にしている。逆に60年代仕様にはノンスキャロップを採用しており、武骨でありながらもはっきりとしたコード感のあるサウンドが楽しめる。また、搭載されているハイランダーPUによりギター本来のサウンドをそのままアンプへ出力することが可能。

Gallery

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
Shop
Message